師走

2012年12月18日 · 「美しい村」便り



すっかりご無沙汰してしまいました。失礼の段、お許しください。


師走に入り、朝夕の冷え込みが厳しくなってまいりました。その後、ご家族皆々様お変わりございませんか?
クリスマス、正月の準備と慌ただしくお過ごしのこととは存じますが、思わず筆を取らせていただきました。


軽井沢でも雪がちらつき、本格的な冬のシーズンを迎えています。各家庭では薪ストーブや暖炉が大活躍です。
凛とした空気と暖かな灯に包まれた軽井沢の冬は、夏とは違う一面を見せます。
また、クリスマスシーズンに入り、町内のいたるところで灯されるローソクやイルミネーションの光、キャロルの歌声などが、聖地・軽井沢に彩りを加えています。




写真)軽井沢 聖パウロ教会


明治19年に、カナダ人宣教師「A.C.ショー」が見出した町であることから町内には教会も多く、まさにクリスマスは軽井沢にぴったりのシーズンといえましょう。 
この冬も、12月から『軽井沢・冬ものがたり』がスタートし、来年2月の「バレンタイン」まで、各所で様々なイベントが行われ、素敵な時間をお過ごしいただけると思います。


またお会いできる日を楽しみにしています。是非ご一報ください


季節の変わり目、ご家族の皆様、くれぐれもお身体ご自愛ください。末筆ながら、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。


2012年 師走


土屋芳春
(軽井沢観光協会長)

Bookmark this on Yahoo Bookmark

posted by karuinfo / 2012.12.18