軽井沢の歴史
軽井沢 地名の由来



「軽井沢」という地名がいつ、何から起ったものか、今でもはっきりしていません。
諸説によれば、”凍り冷わ”(こおりさわ)から転じたというものや、”軽石沢”からきたというもの、また水の枯れた”かれ沢”から来たというものもあります。更には、峠は荷物を馬からおろして自分で背負って登らねばならなかったため、ふもとにはよく軽い沢 (これは中古時代には背負うことを「かるう」といったことから「かるうさわ」が「かるいさわ」に転じたと思われる) という名称が見うけられ、それが今日まで残っているなど多くの意見があります。
それぞれ本当のようですが、どれも特に有力な説とはいえません。皆さんはどのようにお考えでしょうか?

有史以前の軽井沢



縄文時代のいにしえより、軽井沢高原には人々が住み、あちらこちらで集落を造っていたようです。
軽井沢は高冷な土地ですが、鳥獣や果実・球根類が多く、古代の人々が住むのに適したところだったのでしょう。その証拠に軽井沢の古代遺跡を訪ねてみますと、6~7千年も前の縄文時代前期のものと考えられる土器が茂沢川の上流、大勝負付近からみつかっていますし、同代中期・後期にかけての遺跡も茂沢南石堂の住居跡として残されています。ここには、住居跡ばかりではなく立派な石組みの墓地が環状にならんでいることで、学会はじめ各方面からも広く注目されています。
その他、この時期の遺物(土器、石器など)の出土するところは、茂沢地区はじめ、杉瓜・発地付近や浅間山のふところに近い千ヶ滝・旧軽井沢・矢ケ崎川の水源地付近など広大な地域に及んでいます。弥生時代に入っての遺物も湯川・杉瓜・茂沢などから発見され、狩猟から農耕牧畜への過渡期にも人々が住んでいた事がうかがわれます。特に信濃16牧の一つとして長倉の牧がありますが、これなどはこの土地が清涼な気候と豊富な草原に恵まれていて、狩場や牧場に大変適していたことを物語っています。
この長倉の牧野土手と思われるものが、現在旧軽井沢から離山のふもとを通り、富士ヶ丘・古宿・追分あたりまで走っています。この時代に使われた土器である土師器・須恵器が茂沢・杉瓜地区・入山峠付近のふもとから発見され、更に杉瓜から遠くない風越山付近には、その時代の墳墓もあるのではないかと予測されています。

古代の軽井沢



入山峠(軽井沢町成沢と群馬県松井田町入山の境界)から、昭和30年に多くの石製模造祭器が発見されています。
これらの遺物は古代の比較的身分の高い人々が旅する時に、ヌサ袋に入れて携え、山の峰で神々に奉り、旅の道中の安全と残してきた家族郎党の安泰を祈願したものと伝えられているものです。同様なものが、立科町の雨境峠や木曽山中の神坂峠でも発見されていることから、この入山峠が古代の主要幹道の一つであった東山道ではないかと考えられています。

江戸時代の軽井沢


集落から宿場町へ、そしてその盛衰

江戸時代になると軽井沢は中山道の一宿として開かれました。周知のとおり、この中山道は江戸日本橋を起点として武蔵・上野の宿々を経て、碓氷峠を越えて、軽井沢を通り、追分で北国街道(善光寺道)と分かれて小田井、岩村田、望月の宿をたどって、和田峠から諏訪に出、木曽路から江州草津まで67の宿場をもつ江戸5街道(東海、甲州、日光、中山、奥州街道)のひとつです。
碓氷峠という東海道の箱根と並んで天下一の難所として聞こえた関所をひかえ、更に北国街道の分岐点をもつ軽井沢高原には、浅間根腰の三宿(軽井沢・沓掛・追分)が形成され、街道筋の中にあってその繁栄振りは今に語り継がれています。しかしながら、この宿場町を取り囲むようにひろがる農村地帯は、高冷地のため、ごくわずかのアワ、ヒエ等の雑穀物が主産という寒村で、しかも例年の如く襲う冷害や活火山浅間の噴火による災害に見舞われ、加えて宿場への助郷にかり出されるため、農業にたずさわる民の生活は悲惨なものであったと伝えられています。
言うなればこの時代の軽井沢は、旅人たちの落とす路銀が生活を支える大きな収入源であったわけです。そのため江戸幕府300年の歴史が絶え明治の新時代になると、街道を往来する旅人も年々少なくなり、かつての隆盛を極めた宿場も寂しくなって、住民たちは四散し、高寒冷地の一村として衰退の一途をたどったのです。
更に明治17年碓氷新道(現在の国道旧18号線)の開通によって、中山道沿いの旧宿場町は決定的な打撃を受け、ここに長く続いた浅間三宿の歴史は完全に終止符を打つに至りました。



Bookmark this on Yahoo Bookmark